残価設定クレジットでのマイカーローンを詳しく知る

マイカーローンの新しい支払方法

新車を購入するといったら、大金が必要になります。マイカーローンを組めば、手持ちのお金がなくても新車の購入ができます。しかし、ローンを組めば毎月の支払の負担も大きくなります。そこで話題になっているのが、残クレと呼ばれるローンの支払方法です。

 

 

残クレとは残価設定クレジットの略で、自動車販売店でも積極的に勧めているマイカーローンです。残価とは、ローン支払いが終了した時点での車の価値です。例えば3年払いでローンを組んだ場合、その車の3年後の買取価格が残価となります。

 

通常マイカーローンでは、頭金を差し引いた車両本体価格を丸ごと支払います。しかし残クレでは、残価分を差し引いた金額でローンを組みます。

 

例えば300万円の新車を頭金なしで3年ローンを組んだ場合、300万円に利息を足した分の金額を3年かけて支払います。当然毎月の支払額は大きくなります。残クレでは例えば3年後の残価を40%だとした場合、40%に当たる120万円を差し引いて、180万円分だけ支払いをします。当然毎月の支払額は少なくなります。

 

単純に支払いが減るだけであればいいのですが、3年後の残価分をどう整理するのかが気になる所だと思います。これについては、3年後にいくつかの選択肢から選びます。

 

残クレの支払い終了後

1つ目の方法が、その車を買取に出して支払いを終了にするパターンです。車は手放しますが、ローンの支払いも完結します。

 

2つ目の方法が、その車を買取に出して、新たに新車を購入するパターンです。新しい車のローンは発生しますが、買取に出すので今までのローンは整理できます。これなら、新しい車に乗り換えられますし、残クレのローンも整理できます。

 

3つ目の方法が、その車を乗り続けて、残価分は再度ローン、または一括で支払う方法です。この場合、残価分の支払いは発生しますが、今の車にそのまま乗り続けられます。

 

残クレ支払い終了後には、以上3通りの選択肢があります。ただし、この選択は契約時に決める必要はありません。残クレの支払いが終わるタイミングで決められます。その時に新しい車に乗り換えたいと思えば乗り換えればいいですし、今の車が気に入ってそのまま乗り続けたいのであれば乗り続けてもいいのです。

 

残クレであれば比較的支払い面でのメリットがあるようには思えますが、あくまでマイカーローンの審査に通らないと意味が無いので注意が必要です。残クレなら借りやすいといったこともそこまではないので、収入が安定していない方や信用情報に問題がある方では、マイカーローンの利用ができなくなってしまいます。

 

残クレのメリット

残クレには様々なメリットがありますが、特に大きなメリットとしては、毎月の支払いの負担が少ない点があります。先ほどの例でいえば、実質180万円分の支払いで300万円の新車に乗れます。3年のローンであれば、残価は40%~50%程度が相場なので、支払額もその位まで減るのです。

 

また、残クレなら頭金などのまとまったお金がなくても新車を購入しやすいという点も大きいです。新車の購入のデメリットとして高額という点がありますが、残クレを利用すれば頭金を入れなくても、新車の購入のハードルが下がります。

 

そして、残クレなら新車への乗り換えが容易だという点もメリットとなります。残価分を支払った後は、買取りに出してしまえば、また残クレを利用して新車が購入できます。毎月の支払額を抑えつつ、頻繁に新車に乗り換えられるのは大きなメリットです。

 

そして残クレの場合、買取価格が保証されている点も意外と重要です。通常車を買取りに出す時には、その時の相場やニーズによって買取価格が変わります。しかし、残クレなら買取価格が最初に決まるので、相場によって下がるというリスクを抑えられます。その為、支払い終了後の計画も立てやすくなります。

 

ただしこれについては、事故による破損や傷、走行距離などの要因で変動する可能性はあります。傷もなく走行距離のオーバーしない前提での買取価格の保証である点には注意が必要です。

 

メリットだけでなく残クレ型のマイカーローンにはデメリットもあるため、利用の際にはおすすめの車ローンもしっかりと比較をして検討を行い、納得の行く条件で借りられるところを見つけるようにしてください。